catch-img

店舗matic導入による費用対効果について-本部編・総括

​​​​​​​

目次[非表示]

  1. 1.想定削減効果【本部】
  2. 2.業務と改善の詳細【定量効果】
  3. 3.業務と改善の詳細【定性効果】
  4. 4.本部と店舗合わせての想定削減効果【計/人件費換算】
  5. 5.費用対効果_サマリ

想定削減効果【本部】

※本部の「のべ業務」で、時短が可能と思われる項目の積み上げです。


業務と改善の詳細【定量効果】


本部店舗間コミュニケーションにおいて、「店舗matic」導入後に、それぞれの業務にかかる時間がどれくらい削減されるのでしょうか?



業務と改善の詳細【定性効果】


本部店舗間コミュニケーションにおいて課題として感じていたことが、「店舗matic」導入後に、どのように変化・進化(具体例)したのでしょうか?
※改善項目(Before)→他社での評価/業務変革事例(After)



本部と店舗合わせての想定削減効果【計/人件費換算】

※一人時給1,000円換算で、本部と店舗の想定削減効果(1226時間より)を算出しています。


費用対効果_サマリ


業務工数・人件費削減といった数値で表せる効果、業務工数・人件費削減により進化したことや、新たに出来るようになったことなどをふまえた費用対効果のサマリです。



本部や店舗間のコミュニケーション、 業務効率化のお悩みは、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各詳細情報や業務改善お役立ち資料は
こちらからダウンロードできます。