catch-img

店舗スタッフがパソコンではなく、 お客様に向き合うためにできることは?

店舗スタッフに本来注力してもらいたい業務(接客や売場創りなど)に注力していただくために「店舗matic」がご支援させていただいた事例をご紹介します。具体的にどのような機能をご活用いただいたのか、イラストを用いてご紹介します。

今回は特に、店舗スタッフから本部への発注業務や情報管理についてご紹介させていただきます。パソコンを使用して行う業務の効率化を図り、いかにお客様と向き合っていただく時間を増やすか?とった観点でご支援いたしました。


目次[非表示]

  1. 1.写真を見ながら備品発注できるようにしたい
  2. 2.マニュアルやファイル類を素早く探したい


写真を見ながら備品発注できるようにしたい

店舗が写真を見ながら備品発注が可能になり、間違った備品(資材)発注が減りました。
店舗とのコミュニケーションロスが減り、お互いの信頼回復に繋がっています。


■家具専門店 総務部担当者様■

【 課題 】

・FAX発注は、発注の認識誤差が生じ、「発注した」「しない」の言い争いに発展する。
・FAX発注は、文字がつぶれ、確認作業に手間。



【 解決 】

・写真を見ながら発注可能のため、発注品の認識誤差防止。
・履歴も残せるため、「発注した」「しない」の言い争いが無くなる。



マニュアルやファイル類を素早く探したい

いままで紙で管理していたころと比べて、ファイル類の検索スピードも向上し、古いフォーマット申請も差し戻しが無くなりました。


■化粧品小売 情報システム部長■

【 課題 】

・マニュアルやファイルを“紙”で保存しかさばる。(店長)
・最新の販促施策の情報が古い情報に埋もれる。(店長)
・PCのデスクトップに保存している古いフォーマットで申請し、差し戻しが発生。(本部/店長)



【 解決 】

・FCや直営店舗別に見せたいファイルを保管出来る。
・最新の情報を店舗に共有できる(本部)
・検索スピードが向上し、問合せの手間も無くなった。(店長)




本部や店舗間のコミュニケーション、 業務効率化のお悩みは、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各詳細情報や業務改善お役立ち資料は
こちらからダウンロードできます。