スーパーマーケット業界向け調査レポート
~店舗で働く正社員200人に聞く~
本部店舗間および
店内コミュニケーションに関する実態と課題2

全世界で人々の生活スタイルも消費スタイルも大きく変化した2020年。

このリサーチは、2015年にも同内容で調査実施したものの再調査となります。 大きな社会環境の変化を受けて、スーパーマーケットを取り巻く環境や、働く皆様のおかれている状 況や課題の変化を理解するため、再リサーチに至りました。

調査の主目的は、GMS/スーパーマーケットにおけるコミュニケーションを改善するために実態を理 解することにあります。 最後の設問には、上記にとどまらず、業界の少し先のヒントを得られるよう、DXへの取り組みにつ いての考えを伺う質問を設定しました。

調査資料の内容

  • 業務内容の重要度
  •  費やす時間を増やしたい業務
  • 費やす時間を減らしたい業務
  •  店舗と本部間の連絡ツールと連絡頻度
  •  店舗と本部間のコミュニケーションの課題
  •  店舗での情報処理に関する課題
  •  本部への要望
  •  本部から届く指示・連絡の確認デバイス
  •  店内コミュニケーションで重要なこと
  •  作業割当の実態
  •  店内での作業依頼手段
  •  店内での依頼作業の結果把握
  •  スーパーバイザー・エリアマネジャーの臨店について
  •  臨店の店舗への影響
  •  現場の声を本部に伝える環境の有無
  •  現場の声を本部に伝える際の使用ツール
  •  店舗間での情報共有の重要度
  •  店舗間での情報共有頻度
  •  デジタル化することで効率化したい業務の度合い
下記フォームにご記入ください。(1分)
アップロードしています。少々お待ちください。
プライバシーマーク