【株式会社チュチュアンナ様】
店舗maticの導入で店舗の対応状況が把握可能に、また売場ノートの採用で店舗側の写真報告業務も大幅に軽減

株式会社チュチュアンナ

本 社   :大阪府中央区森ノ宮中央1-10-2

設 立   :1973年8月

資本金   :8500万円

代表者   :代表取締役 上田利昭       

店舗数   :548店舗

ホームページ:https://www.tutuanna.co.jp/

導入の背景
店舗の指示実行率をもっと上げるために本部-店舗間のコミュニケーションを効率化したい

 国内に262店舗を展開するチュチュアンナでは、これまでグループウェアを使って本部から各店舗への指示出しや連絡を行っていたが、本部が店舗側での対応状況を正確に把握することができていないことに課題を感じていた。当時の状況について、経営戦略本部 マネジャーの北裏泰士氏は、次のように説明する。
 「店舗側での指示の実行率をもっと上げたいというのが、そもそもの課題感でした。今まで本部から各店舗に出した指示の実行度は、感覚的にしか掴むことができていませんでした。また実行率が低いと思った案件についても、本部からの指示を単純に店舗が実行していないから低いのか、あるいは本部が出した指示が分かりにくかったために店舗が実行できなかったのかも分からなかったのです。この課題を解決するためには、何よりも本部と店舗間のコミュニケーションを、もっと効率化する必要があると考えました」。
 各店舗には、本部の各部門から、不定期に色々な指示や情報が送られることになる。店舗側では、いつ、どの部署から、どんな指示や情報が送られてくるのか分からず、一方で本部側も、出した指示を各店舗がきちんと実行してくれたのか、情報を見てくれたのかを確認することができなかったのだ。同社はこの十数年間、ほぼ右肩上がりで急速に店舗数を増やしてきたが、こうした課題は店舗数の増加と共により顕著になっていたという。
 「そんな中で出会ったのが、ネクスウェイの提供する店舗maticでした」。
富士シティオ様が本部-店舗間でのコミュニケーションにおける課題をどのように解決し、
成功へと導いたのか。導入前の課題、導入後の効果、今後の展開などをまとめました。
事例ダウンロードはこちらから
チュチュアンナ様 全文ダウンロード
アップロードしています。少々お待ちください。

関連記事

株式会社ゾフ様

2021-04-02

株式会社ゾフ様 本部から店舗への膨大な情報を整理して配信するために店舗maticを導入、 1店舗当たり月29.1時間もの情報処理時間を削減

コーナン商事株式会社様

2021-04-02

コーナン商事株式会社様 売場ノートの導入で店舗から本部への報告業務を大幅に軽減、 売場づくりの水準も揃い、被災時の迅速な商品供給も可能に

株式会社フィッシングマックス様

2021-04-02

株式会社フィッシングマックス様 本部から店舗への指示に対する実行状況を把握するために店舗maticを導入、対応状況が一目で把握できるようになり、店舗側の意識も大きく向上

本部や店舗間のコミュニケーション、 業務効率化のお悩みは、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各詳細情報や業務改善お役立ち資料は
こちらからダウンロードできます。